SEO対策で検索順位の上位表示に欠かせない普遍的な要素


なぜ上位表示が必要か

 

上位10位までの検索結果で、全クリックスルーの89.71%を占めるというデータがあります。
このデータは、11位以降、さらに21位以降に位置するウェブサイトからのアクセスはほとんど望めないことを意味しています。
また10位圏内では、1位と2位、3位と4位、5位と6位以降で、クリック率の大きな違いが見られるようです。

ウェブサイトを少なくともトップ10圏内、さらに5位圏内、3位圏内に表示させることで、アクセスの最大化と大幅な集客の向上が見込まれます。

 

安定的な上位表示を実現する方法

 

安定的な上位表示に欠かせないのが、検索エンジンのアルゴリズム(順位決定要素)の変化に沿った対応で、その成否こそがSEO対策そのものの成否といっても過言ではないでしょう。
現在、検索エンジンのアルゴリズムはめまぐるしく変化しています。弊社では、このアルゴリズムの変化をいち早く捉えることが今のSEO対策においては最重要であると認識し、日々アルゴリズムの解析・検証のみを実施するの専門チームを編成しています。
アルゴリズム解析チームによって得られた検証結果を、お客様のサイトの対策に反映させています。

SEOの対策ワードは、サイトテーマに合致したキーワードで上位表示を狙うことが求められます。対策ワードとサイトテーマの整合性がとれていることで、検索によりサイトに訪問したユーザーは満足を得られ、結果、ユーザーの支持を得、訪問件数も増え、それは検索順位に好影響をもたらすことに繋がります。
検索順位を上げることとサイトのクオリティーを保つこと、ユーザーにとって有益な情報を提供し続けることはサイトを活性化させるための必要不可欠な要素と言えるでしょう。

ご契約中はもちろん、お申し込みをご検討中の段階からのお問い合わせやご相談も歓迎いたします。SEOに関するご相談がございましたらどうぞお気軽にお寄せください。

【新着コラム】SEOに関するニュースやTipsなどを配信しています。