キーワードターゲティングを見直そう


キーワードターゲティングとは?

 

「SEO」「コンテンツマーケティング」など、類似する単語として様々な場面で見受けられるようになってきました。確かに、なんとなくの意味で言えばそれぞれはほぼ同じ意味のようにも捉えられます。
しかし、厳密に言えばそれぞれの言葉には異なる意味合いがあるのです。効果的なマーケティングを行うために、今回はキーワードターゲティングと呼ばれるものを見直してみましょう。

 

column2

 

SEOとコンテンツマーケティングの違いを知ろう

 

それでは、まずSEOとコンテンツマーケティングの違いについて確認してみましょう。

まず、コンテンツマーケティングとは、自社のターゲットが求める情報を継続的に発信し続け、顧客を増やしたり、また顧客の利用頻度を高めるといったように、自社の利益となる動きを起こしてもらおうというものです。

それに対しSEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジンへの最適化)という名称が指すように、検索エンジンを利用するユーザーをメインのターゲットに考え、検索エンジンでの検索結果に対しより上位表示しやすくするためのアプローチを言います。

簡単なご説明になってしまいますが、SEOとコンテンツマーケティングとでは、そもそも考え方や目的が大きく異なると言えます。ですので、最近では混同して用いられるようになってきたそれぞれの単語ですが、SEO対策をしている=コンテンツマーケティングができているとは必ずしも言えないということになります。
ただ、SEOは広い意味ではコンテンツマーケティングの一種と考えることができます。

 

新たに注目される「コンテンツSEO」とは

 

最後に、比較的最近になり注目されるようになったコンテンツSEOという単語についてご説明します。

これまでのSEOは、残念ながらページ自体の有意義性・価値といったものを重要視せず、上位に持っていきたいページのキーワードを無理やり入れるだけということも少なくありませんでした。
しかし、最近ではそうした手法のSEOでは望む効果は生まれず、場合によってはペナルティを受けることも珍しくなくなってきました。 そこで、「良質な価値を持つコンテンツによるSEOを行おう」という考え方が生まれたのです。このような新しいSEOをコンテンツSEOと呼ぶようになりました。

今後ますます重要となるコンテンツ対策についても、今後触れていきたいと思います。

 

この記事に関連する記事があります

コンテンツ対策・コンテンツSEO・ライティングの内容と料金の目安(外部サイト)