ハミングバードがコンテンツSEOの潮流を作った


ハミングバードって?

 

今回は、ハミングバードというSEO用語についての解説を行っていきます。 ハミングバードといえば、鳥の一種であるハチドリの英語名として知られていますが、最近ではSEO用語として知られるようになってきました。

 

それでは、具体的にどのような意味を持つのか見ていきましょう。

 

column1-1

 

2013年に実施された最大級のアルゴリズム更新

 

Googleによる検索エンジンのアップデートはパンダアップデート、ペンギンアップデートなどこれまでにも度々行われてきていますが、2013年に実施された最大級のアルゴリズム更新がハミングバードだったと言えるでしょう。その最大の特徴は、「会話型検索」を目指しているという点で、現在、AIの導入でさらに進化を遂げたコンテンツ重視の潮流を作ったアルゴリズムと言えるかも知れません。

 

ハミングバード以前の検索では、検索キーワードに対応する検索結果を表示する場合が多かったのですが、ハミングバードではその検索に対する意図を読み取って検索結果を表示しようとするようになったのです。 その結果として、同じキーワードであってもまったく異なる検索結果を表示することになりました。会話型検索を主軸とするハミングバードではキーワードの裏側にある意図を読み取ることが可能となった、という訳です。

 

例えば、「ここから一番近い病院は」といった検索を行った場合にも柔軟に対応できるようになりました。「ここ」「一番近い」といったキーワードでも位置情報サービスによって適切な検索結果を表示できるのです。曖昧な表現がキーワードに含まれる場合でも、ユーザーが求める答えを検索結果に表示してくれるというのは利便性に優れた仕組みと言えます。

 

ハミングバードはSEOにどのような変化をもたらしたか

 

ハミングバードはユーザーにとっては役立つアップデートだったか、ということですが、この点については当時、ポジティブな意見とネガティブな意見とがあり賛否両論ありました。 自分が求める答えを汲み取り表示してくれるのは便利ではあるのですが、その一方で気になるワードについての直接的な検索結果が得られないという不満も挙がっていました。

 

しかしながら、進化を遂げた現在のコンテンツ評価の精度を考慮すると、その源流となったハミングバードは、実に革新的なアップデートであったと感じます。 SEOの観点では、これまでよりも、よりユーザーの役に立つ、質の高いコンテンツが検索結果の上位に位置するようになると考えられます。そのため、ユーザーの希望を満たすような中身の濃いコンテンツ作りを意識する必要性が高まっていくということになります。ハミングバードに対応できるSEO対策のためには、これまで以上にユーザーを惹きつけるための工夫が求められることとなります。

 

今後ますます重要となるコンテンツ対策についても、今後触れていきたいと思います。

 

この記事に関連する記事があります

SEO内部対策

コンテンツ対策・コンテンツSEO・ライティングの内容と料金の目安(外部サイト)