内部SEO対策


内部修正(内部最適化)が重要な理由

 

SEO対策を成功させるには、ユーザーを満足させるコンテンツの発信が不可欠ですが、タグ記述やhtml表記が適切でなかったり、構造的な問題がある場合には、せっかく積み重ねられたコンテンツテーマや内容が検索エンジンに伝わりにくい状態であったり、ケースによっては全く認識されない、という事態も発生します。

これまで弊社で承ってきた中でも、内部最適化がしっかりとなされているウェブサイトは意外に少なく、中でも制作会社に発注し作られたウェブサイトでも同様の状況であることに驚かされます
ずっとコラム更新を続けているけれど検索順位の改善も見られずアクセスも伸びない…そのような状況にあるサイトオーナー様は、コラムの内容や構成を見直すことも重要ですが、その前に一度、ウェブサイトの内部状況について診断と改善提案を受けられることが先決かも知れません。

 

正攻法の対策を行うことで検索順位は改善します。

 

タグの最適化や内部リンクの最適化などの主要項目をはじめ、クローラビリティの確保(検索エンジンのロボットがクロールしやすいサイト構造を作る)とインデクサビリティの確保(クロールしたページの内容を正確にインデックスできるようにする)に視点を置いた内部対策で、サイトテーマが検索エンジンに正しく認識される構造に最適化します。

スモールワードなどでは、しっかりと内部対策を実施することで、外部対策を要することなく上位表示を実現できるケースも少なくありません。商圏が限られており、競合の少ないエリアでの集客を図る場合、ロングテールワードのSEOで集客を図る場合には、まずは内部対策をしっかりと実施し、順位推移状況を見ながら、必要に応じて外部対策を追加する、といった形も無駄がなく、効率的な方法と言えるでしょう。

internal2

内部対策(内部最適化)でのご提案項目