「人工リンクで成果を得る」から「いかに効率的に自然リンクを獲得するか」への思考シフトが必要


サイトへの流入や流入後の興味(滞在時間や閲覧ページ)に裏付けられた良質な被リンクが効果を発揮する

 

コンテンツ重視と言われる現在のSEO対策において、なぜ外部対策(=自然リンク獲得)が今も重要な位置を占めているのか?なぜ外部対策が未だに必要とされているのか?内部対策との違いを把握し、外部対策が必要とされる理由をお答えします。

 

6310af0bb7c81ec64dcf87ff871eb81e_s

 

 

SEOには大きく分けて2つの対策方法があります。一つは「内部対策」そしてもう一つは「外部対策」。今回は主に自社サイトの外側からSEO対策を行う外部対策についてのお話です。

コンテンツ重視と言われる現在のSEO対策において、なぜ外部対策が今も重要な位置を占めているのか?なぜ外部対策が未だに必要とされているのか?その答えを探って行きたいと思います。

 

外部対策とは? 内部対策とは? 2つのSEO対策の違い

 

SEO対策を考えるとき、私達はまず外部対策・内部対策について、その意味や違いをしっかり把握しておく必要があります。

 

【内部対策】
自社サイトの内部で行うSEO対策のこと。内部対策の基本は、ユーザが必要とするコンテンツを、ユーザにとって最適な形で提供することです。

一方、テクニック的な観点から言うと「タイトル」「ディスクリプション(サイト説明)」「検索キーワード選定」「HTMLタグ」「論理的なサイト構造」「サイト内リンク(内部リンク)」といった項目に対し、検索エンジンのアルゴリズムに最適化させる施策が、内部対策になります。

 

【外部対策】
内部対策に対し、自社サイトの外側から行うSEO対策のこと。主に外部サイトからの自然リンクを増やす対策になります。被リンクの根本的な考え方は、様々な場所から自社サイトを見てもらうためのドア作りです。ドアを作って入り口を増やすほど、ユーザが自社サイトへ訪れる機会も増えます。

外部対策の基本は自社サイトへの入り口を増やすことですが、検索エンジンのアルゴリズムがリンクを重視してきたことから、SEO対策でも外部からの被リンクを増やすことに注力される傾向が一般的でした。

なお、ここで言う「被リンク」とは、ユーザーが自発的に行う「自然リンク」を指しており、人工的にリンクのためのサイトを作る「バックリンク対策」「被リンク対策」とは異なります。SEOサポートでは、自然リンク獲得のための対策を「外部SEO対策」と称しています。
それぞれの違いを把握したところで、外部対策の必要性について考えてみましょう。

 

内部対策だけでは足りない理由と外部対策が必要な理由

 

先ほど申し上げた通り、内部対策の基本は、ユーザが必要とするコンテンツを、ユーザにとって最適な形で提供することになります。しかしこれさえ出来ていれば検索エンジンで上位表示される訳ではないという点に問題があります。

その理由は、検索エンジン自体が人間のような「感情」を持っていないためです。AIを導入し検索エンジンのアルゴリズムは飛躍的に進歩していますが、現状ではまだ感情を持ってサイトの良し悪しを決めるまでには至っていません。

このため、検索エンジンは良質な被リンクを多く受けているサイトを「ユーザにとって有益である」と判定する傾向があり、この判定はキーワード検索結果ページでの上位表示に繋がります。低質な被リンクを大量に増やすSEO対策はすでに終わり、そして今では、人工リンクで成果を得ようとする「被リンク対策」そのものが終わろうとしています。

しかし、サイトへの流入や流入後の興味(滞在時間や閲覧ページ)に裏付けられた良質な被リンクの増加は今後も検索エンジンにとって重要な指標となるでしょう。

 

この記事に関連する記事があります

被リンクに頼らない、アクセス保証のSEO外部対策